本当に知りたい情報を提供

不動産の鬼

体験談

不動産屋で体験した怖い話、こんな店には気を付けて

投稿日:

不動産屋というと、昔からあまりいいイメージを抱かれないことが多いですよね。 これは、昔は不動産を牛耳っていたのが、悪い人が多かったからというイメージもあると思います。そして、不動産屋は営業という職種の筆頭ともいえる仕事なので、法律ギリギリ、、もしくはグレーゾーンという部分をうまく使って仕事をしている傾向があります。 この記事ではそんな不動産屋で怖い体験をした人たちというのを紹したいと思います。

怖い不動産屋に気を付けろ~

枕営業は本当にあったのか、、?愛知県40代男性

私が結婚を決め奥さんと住むアパートを見にまずはひとりでアパート巡りをした際の話です。大手賃貸会社におもむき、優しそうな女性スタッフさんと車で何件かの物件を見学することに。とても楽しい物件見学でしたが、ひとつきがかりなことが。担当の女性スタッフの着ている衣服がとても薄く下着が丸見えなのと、スカートの丈がやけに短いこと。そして物件廻りをしている際もやけに密着してくること。数件の物件を見て回りましたが、私も男性ですのでその女性スタッフの色っぽさや積極的な態度に興奮気味。そして最後の物件を見学した後に言われた言葉は、「今日契約してくれれば一度だけ○○○に付き合います」とのこと。そして今日契約しないとその女性スタッフがとても困ること。はっきりしない態度の私に体をくっつけなかなか帰らせてくれませんでした・・・。後で聞いたのですが、上司から指示されたセールスだったとの事。そこまで部下にさせる賃貸会社っていったい・・・。当然そこでは契約せず、別の賃貸会社にてお願いしました。何気に怖かった体験です。

契約はちゃんと確認しよう 神奈川県30代女性

中古住宅を購入するのに近所の不動産屋さんに行きました。町の不動産屋さんなので安心して任せていましたら購入するかどうかためらっていたのですが絶対に今が買い時だと言う事で市役所に無理矢理連れていかれてハンコを押させました。そこで近所でも有名な悪徳不動産だという事が判明しました。私は怖さのあまり反抗してしまいましたがよくよく考えますとハンコは押してはいけないものでした。購入した住宅は欠陥だらけの欠陥住宅でした。柱にはシロアリがくっていました。外壁は塗装がヒビ割れただけで手直ししないと住めない状態でした。私は不動産屋さんに電話をかけました。暴力的な態度で接してきたので怖くて電話もできないずにいます。私の場合泣き寝入り状態な感じです。



裏から出てくるのは、、誰でしょう?東京都20代男性

一人暮らしで新しい部屋を探している時に、いくつか不動産を回った1つの物件が気になり契約しようか悩んでいました。しかしその後にも別の不動産を回る予定だったので保留にしますと話していると、裏から男性が出て来て物件を凄く押してきました。何とか振りきろうとしましたが、男性がここの従業員は皆昔は悪だったんだよと刺青が入っている話をしてきたので物件とは関係のない話で怖くなり逃げようとしました。

しかし帰ろうとしても通路側に何故か他の人が立ち通れない様になっていたので、中々帰るにも帰れずしばらく物件を押されていましたがこのままでは押しきられると思いすみませんと謝りながらどうにか外に出て駅まで走りました。都会は怖いなと当時は思ってあまり知られていない不動産には行かないように決めました。

KY営業マンはどこにでもいる 福岡県40代女性

マイホーム購入を考え、新築と中古の戸建てを探していました。
いくつかの不動産で物件紹介をしてもらったり簡単な見積もりをもらったりもしました。
その中に近隣の物件を熱心に紹介してくれる担当者がいたのですが、結構強気な方でちょと苦手だと感じていました。
せっかくの物件紹介なので、夫と一緒なら問題無いので何度か案内してもらいましたが、条件面で厳しくなかなか気に入る物件には行き当たりませんでした。
そんな中その担当者の方が自宅へ来られました。
私が一人で応対したのですが、玄関先で声高に話をされて困りました。
集合住宅で隣近所の目もあるのに、見積もり額などの金銭的な話も平気でされたのでびっくりしました。
この人は物件選びはともかく、人への配慮が出来ないようだと思い、今後付き合うと面倒なことになるだろうと不安になったので、夫を通じてお付き合いを断ってもらいました。
その後訪問されることは無かったので良かったです。

やーさん?いえ不動産屋です。愛媛県30代女性

私が経験したのは、不動産屋のパーティションの奥の方から聞こえてきた家賃滞納者への督促の電話です。まるで、暴力団関係者の事務所のような様相を呈していました。「早く払って下さいよ」などという声が何度となく聞こえてきたのです。通常、そのような督促の電話は、来店客がいない時に行うものではないでしょうか。臆病者の私は、激しい怒鳴り声にどぎまぎしてしまったのです。丁度その日は賃貸アパートの契約のために不動産に行っていました。もしかしたら、絶対に家賃の滞納は許さないということのメッセージかもしれないとも思いました。私の受付を担当してくれたのは、大人しい女性だったので安心していましたが、突然聞こえてきた督促の電話には正直、恐怖感を覚えました。



空電話としつこい営業は不動産屋の常習手段 東京都30代女性

賃貸物件を探しに、数件の不動産屋さんを回っていたのですが、他の不動産屋では「もう入居者が決まりました」と言われた好条件の新築物件を「いや、まだありますよ!空いてますよ」と言われ、その場で担当者に電話をかけているフリをされた。
結局、「今度見に行きましょう。今日は担当者がいないみたいです」と言われ、連絡先を聞かれて帰ったのだが、それから毎日のように何度も何度も電話がかかってきました。
ずっと無視しているのに、留守電にもいれてきて、本当に怖かったです。
着信拒否をしてもよかったのですが、その不動産屋の近所に住んでいるし、住所もばれているし、バッタリ会っても困るので、ひたすら無視していました。
結局、他の不動産屋で無事に家が決まるまで電話がかかってきたので、しつこさに参りました…。

表の顔と裏の顔があるのが営業マン 東京都20代女性

新居への引っ越しを考えていた頃、どこの不動産屋が良いのかわからなかったので知り合いの男性に聞いたところ、お勧めの不動産屋があるとのことで紹介してもらうことになりました。その知り合いは以前そこで働いていた経験があったそうなので、私も安心してお願いできると思いました。実際に行ってみると担当者の男性も感じが良く、とても丁寧に対応してもらいました。住みたい家も決まり、次回契約をするという話でお店を出ました。そして2回目に不動産屋を尋ねたところ、前回と違うスタッフの方が担当につきました。「前回の方はいらっしゃらないんですか?」と聞くと、新しい担当者の方が「○○は店のお金盗んで今逃げているところなんすよねー」と言われました。驚いて、「そんなことする人に見えなかったですけど・・・」と言うと、「入社して数か月くらいなんですけど問題ばかり起こすしお客さんとのトラブルも多いし」とのこと。そして「なんとかそいつを見つけますけどね。もう人に頼んであるので」と言われました。住みたい家を決めてしまっていたので結局そこの不動産屋で家を契約しましたが、あんなに良い人そうなのに店のお金を持ち逃げするスタッフ、平然とお客の私に喋るスタッフ、あえて聞かなかったけど人に頼んでいるという発言なども色々怖かったです。なによりこんな不動産屋を良いとこだよと紹介してきた知り合いが1番怖かったです。

不動産契約は個人情報の宝庫です。 神奈川県20代女性

友人の話ですが、彼女は凄くキレイで男性からもよくもてるタイプです。そんな彼女が引越しを考えて不動産屋に行ったところ、営業担当の男性に色々と親切にしてもらい、最終的にそこの担当が持っている物件で引っ越しを決めました。そして、契約を済ませて引っ越しも無事に終了し、新居で過ごした最初の夜に、見慣れない番号からの着信が携帯に入ったので出たところ、その営業担当の男性からの電話で引っ越し祝いと称して、今からお祝いを持ってゆきたいと言われたそうです。丁重に断ったとの事ですが、仕事で得た電話番号へ個人でかけてくるのは信頼問題にも関わりますね。今みたいに個人情報保護について厳しく無い時代だったので、そんな事が起こってしまったようです。その後怖くなった彼女は彼氏を家によく呼ぶようになり、それがきっかけで思っていたよりも早く結婚する事になりました(笑)結果オーライですが、個人情報の扱いがずさんな不動産屋には恐怖を感じますね。



貸主は偉いというわけではありません 東京都20代女性

大手ではなく個人の不動産屋を利用した時の事です。
予算や要望などを聞かれ内見するまでの流れは特に問題も無く、築年数は少し古めだけどその分家賃も希望くらいだし部屋も割と広い物件に案内されました。
部屋の雰囲気は好みだったのですが、奥の部屋の天井が少し歪んでいるような、更に部分的に色が少し変わっているような気がしたので、雨漏りしているのでは無いかと疑い確認しました。
すると、丁寧に業者に来てもらい点検した結果をお知らせしますと言われ、後日経年劣化で天井の変色は見られるものの雨漏りはしないと報告されたので安心して入居したのですが、案の定雨漏りしてしまいました。
2度程相談しても見に来ても貰えず、最終的にそういうなら出て行ったら良いだろうと強く言われ法律などに疎かった私は泣く泣く出て行ったのですが、後々詳しい知人のすすめもあって敷金やその他諸々しっかりと返金してもらいましたが、怖かったです。

事故物件はきっちり確認を 東京都20代男性

大学時代一人暮らしをしており、契約更新のタイミングで引っ越しをすることに。
大学近くの不動産屋に行き、いろいろな部屋を紹介してもらっていたら、予算の割に好条件の物件がありました。
前の住人が退去していないタイミングだったので内見はできませんでしたが、外観は綺麗だし、写真で見る限り部屋の内装も好みだったので、その日のうちに即決しました。
諸々契約の手続きを進める中、審査待ちをしているタイミングだったと思います。なんとなく物件の資料を眺めていたら、読めるギリギリくらいの小さな字で「告知事項あり」の文字が。
慌てて店員さんにそのことを伝えると、悪びれる様子もなくこんな返答が返ってきました。

「あ、忘れてました。この部屋、過去にバラバラ殺人起きてるんですよ」

契約を中止し、逃げるように店を出たのは言うまでもありません。
あの時気づかないまま契約していたら、事故物件をつかまされていたんですね…
告知されない告知事項もあるんだなと思い知りました。

-体験談
-, ,

Copyright© 不動産の鬼 , 2019 All Rights Reserved.