本当に知りたい情報を提供

不動産の鬼

不動産用語

不動産の企画料とは?(賃貸)

投稿日:

企画料とは賃貸契約の締結時に仲介手数料とは別に貸主側から支払われる金銭です。

現在、業法では賃貸契約時の不動産屋の報酬は仲介手数料として家賃の一ヵ月までとなっていますが、仲介手数料とは別に特別な広告にかかった費用として金銭を支払う事を可能にしています。
これが俗にいう企画料です。

具体的な例を挙げると、物件を成約する為に、ポータルサイトに掲載した。チラシを作成したなど、費用はかかる事があります。そういった費用を補填する意味があります。

ですが、現状の実際の意味合いでは、ポータルサイトやチラシなど特別な広告にかかった費用としてではなく、賃貸契約時に貸主側から支払われる報酬として支払われています。この金額に上限の設定はない為、物件やオーナーによる価格の高騰がおこってしまう訳です。

※広告料、業務委託料、業務委託斡旋料、バック、BK,ADなど、地域の慣習や不動産会社によっても、呼び方が違います。ほとんどの業者で広告料という事で解釈できるようです。

-不動産用語
-, ,

Copyright© 不動産の鬼 , 2019 All Rights Reserved.